Kulzer社 試料検査用テクノビット樹脂


Kulzer社テクノビット樹脂は試料検査試料の埋め込み、および転写用ハイスピード常温硬化樹脂です。 Technovit 4000 Technovit 4004 Technovit 4071 Technovit 3040 and Technovit 5000 等があります。 それぞれの特性、被加工性に応じて材料検査、品質検査、研究開発、機械設計、生産部門等の検査で有効にご活用下さい。
  テクノビット4000 テクノビット4004  テクノビット4071  テクノビット3040  テクノビット5000 
特長 試料との密着性良好 埋込試料の内部観察 試験体埋込迅速硬化 表面テスト転写用樹脂 導電性 
樹脂色 乳白色 白色半透明  透明性の緑色 黄色  茶色
構成 750g+500ml+250ml  1,000g+500ml  1,000g+500ml  1,000g+500ml  1,000g+500ml 
混合比 2:2:1(体積比) 2:1(重量比)  2:1(重量比)  2:1(重量比)  20g/13ml 
作業時間 5分 常圧 3分 3分 2分  2分
重合時間(22°C) 10分 8分 4分 7分 6分
硬化時の最高温度 108℃(30g使用時) 96℃(15g使用時) 87℃(15g使用時) 99℃(15g使用時) 125℃(15g使用時)
耐熱温度 130℃ 100℃ 150℃ 100℃ 7.1
密度g/cm³ 1.5 1.19 1.21 1.18
使用方法に関しての注意:
■多成分系の場合には、均一になるまで良く攪拌する。最適な埋め込みのため、正しく掻き混ぜる。
■掻き混ぜる間、レジンの中に気泡が入らないように樹脂を振動させないようにする。万が一、気泡ができ、どうしようもなくなった場合は、材料の配合割合を若干調整する。この場合、硬化温度や時間が変わる場合がある。
■相当量のパウダーやリキッドを混合する場合、硬化反応の間は、やや高めの温度になります。
■大きなサンプルび埋め込みや大きなエリアを覆う場合は、過剰な熱や収縮を避けるため、層を分割する(硬化反応=発熱反応)。この場合室内温度に達してから、次の層に取り掛かる(発熱を促す熱活性化→硬化を加速させ、結果、気泡を生む)。
■高温度は硬化を加速させ、低温度は硬化を減速させる。
■サンプルが清潔であることと油分が付着していないことを確かめる。サンプルに汚れがあると埋め込み時の問題の原因になる。
■可能であれば、試験体を埋め込み樹脂に完全に包み込むと準備段階で適切に固定することが出来る。
■試験体の上部に気泡ができることを避けるために、サンプルを設置する前にベース層を注いでおくことを推奨いたします。この手順は金属シートの溶接はそれに近いアイテムを埋め込む場合に有効な方法です。
■多成分系の樹脂の場合は、そのレジンが完全に冷却される前に試料を剥離すること。そうしないとサンプルを剥離することが難しくなる可能性があります。
■硬化時の発熱温度を低く抑えるために試料が入る、できる限り小さい埋め込み樹脂モールドを使用すること。埋め込み樹脂で完全に封入された試料がモールドの中心に置かれていること。

不透明常温硬化埋め込み樹脂 Technovit 4000

高い硬度/完璧なエッジ: フィラー入り常温硬化型埋め込み樹脂の主な特長は、硬化後の高い硬度と硬化時の低収縮率で、試料と樹脂の境界を鮮明に表現することが可能です。 特に試料の輪郭部を評価したい場合に最適な樹脂です。 樹脂の不透明性により、顕微鏡下での深さ方向の干渉が無く、誤った評価を防ぐことができます。

3成分系 常温硬化埋め込み樹脂 Technovit4000−収縮しない

   

Technovit 4000は、微粉の無機フィラーを含む特殊なポリエステルを主成分とし、短時間かつ常温で硬化する埋め込み樹脂です。 パウダー、シロップ−TならびにシロップーUで構成されております。 混合比:2:2:1(パウダー:シロップーT:シロップーU) 色調:白色不透明

■エッジ部を最適に保護、描写。

■真空埋め込みが可能(消費期限以内)。

■表面がポーラス状の試料、微細な亀裂を持つ試料、死角部に穴やアンダーカットがある試料の埋め込みに適する。

特徴と用途:

■硬化時の収縮率が非常に低く、試料のエッジを最適に描写。

■優れた流動性。

■試料表面への密着性が良く、試料のエッジ部の保持ならびに保護性能が優れている。

■研削性ならびに研磨性に優れている。

■硬化時間が短い(約6〜13分)。

Technovit 4000 推奨混合比率

モールド径 25mm  30mm  40mm  50mm  重量比 
シロップ T  6g 10g 16g 24g 2
シロップ U  3g 5g  8g 12g 1
粉末  6g 10g   16g 24g 2
合計 15g 25g  40g 60g -
#20-1001  Kulzer社テクノビット4000セット  750g粉末+500cc液+250cc液  \29,000.- 
#20-1002 Kulzer社テクノビット4000(大)セット  1,500g粉末+1,000cc液+500cc液  \48,000.- 


Technovit4004−透明樹脂
   
パウダー/リキッドの2成分から構成される、メチルメタクリレート系の透明埋め込み樹脂です。 目視検査を必要とするルーチン検査を素早く行いたい場合に最適な樹脂です。 混合比:2:1(パウダー/リキッド)
■2成分系システム。
■短時間硬化(硬化時間9〜12分)。
■調節可能な混合比率のため使いやすい。
注:メチルメタクリレートを成分とするこの樹脂は、低い沸点のため硬化時に泡が発生しやすい傾向があります。これを防ぐため、テクノマット圧力容器の使用を推奨いたします。
Technovit 4004 推奨混合比率
モールド径  25mm  30mm  40mm  50mm  重量比 
パウダー  8g  11g  20g  30g  62.5% 
リキッド  5g  7g  12g  18g  37.5% 
合計  13g  18g  32g  48g   -
#20-1003  Kulzer社テクノビット4004セット 1,000g粉末+500cc液  \36,000.- 
#20-1004 Kulzer社テクノビット4004(大)セット 2,000g粉末+1,000cc液  \61,000.- 
#20-1005 Kulzer社テクノビット4004 1,000g粉末  \21,000.-
#20-1006 Kulzer社テクノビット4004 2,000g粉末  \38,000.- 
#20-1007 Kulzer社テクノビット4004  500cc液  \15,000.-
#20-1008 Kulzer社テクノビット4004 1,000cc液  \23,000.-

Technovit4006−高い透明度

#20-1027 Kulzer社 テクノビット4006セット 1,000g粉末+500cc液  \45,000.-
常温硬化メチルメタクリレート樹脂、2成分系:粉末+液、無色透明。 処理時間:4分加熱なしに約7分(22℃)で硬化します。 加圧容器テクノマットを使用することで気泡の無い透明な埋め込みが出来ます。 テクノビット4004と比較して透明度の高い樹脂です。 スルーホールのような小さなピンタイプのサンプルだと樹脂が充分に中まで浸透しませんでしたがこのテクノビット4006ですと微小なところまで樹脂が浸透します。 従って密着性に優れ、且つ、硬度も高い樹脂で表面がベトつかず、硬く、耐摩耗性があり、機械加工も可能です。 耐熱性:125℃。 混合比:重量比で粉末:液 2;1 テクノトロン加圧容器使用で粉末:液 1;1
   
■粉末/リキッドの2成分システム。
■混合比が調節可能で使いやすい。
■接着補助剤の働きによりギャップが少なく、熱ストレスも少ない。
■高いグラインディング、ポリッシィング特性。
■新たな重合開始剤を使用し、より刺激が少ない。
■熱ストレスが低く、ルーチン作業に最適。
混合手順: @液を計量して容器に入れます。 A粉末を計量して液に少しづづ投入して静かに攪拌。 B埋め込み樹脂モールドに試料をセットして混合液を注入してください。 約6分(22℃)で重合が完了します。 重合温度は95℃位まで上昇しますので、温度が下がるまで放置した後埋め込み樹脂モールドからブロックを取り外してください。
Technovit 4006 推奨混合比率
モールド径 25mm  30mm  40mm  50mm  重量比 
パウダー  8g 11g  20g  30g  63% 
リキッド  5g  7g  12g  18g  37% 
合計  13g  18g  32g  48g 


Technovit4071-汎用埋め込み樹脂
Technovit4071は、使用方法が簡単で、ほとんどすべての用途に使用可能です。この材料は半透明で、試料の初期検査に適しています。また、研削や研磨加工しやすく、混合比率も調整可能なので、汎用の埋め込み樹脂として最適です。 色調:緑色(半透明)。 混合比:2:1(パウダー/リキッド)
   

■簡単に使用できる。

■優れた流動性。

■短時間硬化(5-7分)

■標準的な検査に最適。

■研削や研磨加工性に優れている。

試料状況ならびに要求する粘度によって、混合比を1:1から3:1(パウダー:リキッド)に変えることが出来ます。なお、室温での硬化では、2:1の混合比を推奨いたします。

Technovit 4006 推奨混合比率

モールド径  25mm  30mm  40mm  50mm  重量比 
パウダー  8g  11g  20g  30g  63% 
リキッド  5g  7g  12g  18g  37% 
合計  13g  18g  32g  48g 
#20-1009  Kulzer社テクノビット4071セット 1,000g粉末+500cc液  \36,000.- 
#20-1010 Kulzer社テクノビット4071(大)セット 2,000g粉末+1,000cc液  \61,000.- 
#20-1011 Kulzer社テクノビット4071 1,000g粉末  \21,000.-
#20-1012 Kulzer社テクノビット4071 2,000g粉末  \38,000.-
#20-1013 Kulzer社テクノビット4071  500cc液  \15,000.-
#20-1014 Kulzer社テクノビット4071 1,000cc液  \23,000.- 

Technovit 5071 - 再溶解可能
       
Technovit 5071を用いれば、硬化した樹脂を再び除去することが可能です。 Technovit4071と同様に使用方法が特に簡単で、機械加工に適した樹脂です。 SEM観察、マイクロプローブサンプリング、電解処理などの用途にご利用いただけます。。 また、Technovit5071は優れた密着性がある為、ひずみ計などの用途にもご利用いただけます。 色調: 緑色(透明)
参考:樹脂包埋した試料の再溶解速度(樹脂 約27gの場合)
アセトン100mlに浸した場合、室温で約11時間、50℃の環境下で約4時間で除去出来ます。 熱に強い試料の場合、包埋した試料を150℃迄熱することで樹脂が柔らかくなります。 単純な形状の試料の場合には、費用をかけずに簡単に除去できます。
■硬化樹脂を薬品で溶解できる(アセトン、ジクロロメタンなど)
■熱溶解できる(150℃ 30分で軟化します)
■簡単に使用できる(混合比 1:1〜1:3)
■接着性が優れている
モールド径  25mm  30mm  40mm  50mm  重量比 
パウダー  8g  11g  20g  30g  63% 
リキッド  5g  7g  12g  18g  37% 
合計  13g  18g  32g  48g 
#20-9999 Kulzer社テクノビット5071セット  1,000g粉末+500cc液  \45,000.-
#20-9999 Kulzer社テクノビット5071  1,000g粉末  \26,000.- 
#20-9999  Kulzer社テクノビット5071  500cc液  \19,000.-

Technovit3040−間接表面転写
   
パウダーとリキッドからなる2液型樹脂です。鋳込む形状、転写すべき試料の位置(アクセスしにくい場所、垂直な場所、裏面など)により、混合比を1:1〜3:1(パウダー:リキッド)に変えて対応してください。垂直面や裏面を転写する場合には混合済みのTechnovit3040を、ポリエチレンフォイルに塗り試料に貼り付けて下さい。 標準的な混合比の2:1(パウダー/リキッド)では、約2分間は注ぐことができ、その後30秒間はこねることが可²能です。 硬化時間は約5分で、通常は黄色で納品いたします。 黒色もありますので、問い合わせください。
■高い転写精度 1μm。
■優れた形状安定性。
■試料から簡単に剥離できます。
■接触型ならびに非接触型装置に合わせて、混合比を可変できます。
作業上の注意:
○転写精度を最適にするため、塗布面積は出来るだけ小さくしてください。
○試料面から容易に硬化樹脂を剥離できるように、剥離用の取っ手をデザインしてください。
○剥離の際に変形しないように、5mm以上の厚みに塗布してください。
○アンダーカット試料には適しません。
Technovit 3040 推奨混合条件
範囲 10×10=100cm²  5×10=100cm²  8×10=100cm²  
Powder  38g  19g 15g
Liquid  22g  11g  9g 
重量合計  60g 30g  24g 
備考  1.0cm² 当たり、約0.6g程度の樹脂を使用します。  
#20-1015  Kulzer社テクノビット3040セット  1,000g粉末+500cc液  \36,000.-
#20-1016 Kulzer社テクノビット3040 1,000g粉末  \21,000.-
#20-1017 Kulzer社テクノビット3040 500cc液  \15,000.-  


Tecnovit5000−導電性樹脂
導電性室温硬化埋め込み樹脂で、銅粉を導電成分とする2成分樹脂です。この導電性は、電子顕微鏡観察で必要とされる導電性を付与します。Technovit5000は、金属製の試料の埋め込みに適しています。Technobit5000は、混合後1分間は粘性があり、7分後には完全に硬化します。 粘性があるうちにモールドを軽く叩くことで、樹脂内部に発生した気泡が抜けやすくなります。 色調:銅色。 混合比:20g/13ml(パウダー/リキッド)
■導電性。
■電子顕微鏡観察に適合。
■短時間硬化。
■導電性試料に適合。
注:適切な導電性を得るために、硬化後の表面を研磨してください。
Technovit 5000 推奨混合比率(重量比)
パウダー  20g 25g  63% 
リキッド  13g 16g  37% 
合計  33g  39g 
#20-1018  Kulzer社テクノビット5000セット  1,000g粉末+500cc液  \46,000.-  
#20-1019 Kulzer社テクノビット5000  1,000g粉末  \27,000.- 
#20-1020 Kulzer社テクノビット5000  500cc液  \19,000.-

Technovit EPOX 熱ストレスの無い透明埋め込み樹脂(多孔質試料の埋め込)
あらゆる試料埋め込みに適しています。 多孔質試料に対して利用する場合には、真空含侵することを推奨します。 真空含侵では、エポキシ樹脂を全ての空隙に浸透させることができますので、試料の内部に構造を安定化させることが出来ます。
   
Technovit EPOXで埋め込んだ試料  電子部品のリード部の半田付け状態 
Technovit EPOXは基材と硬化剤から構成される2成分系のエポキシ樹脂です。 硬化が開始するまで約1時間を要するため、多孔質の試料でも樹脂を十分に含侵させることが可能です。 真空下で適用することで、より良く浸透します。 推奨混合比は、2:1(基材:硬化剤)です。 硬化時間は10〜18時間です。 恒温器や冷蔵庫を利用することで、硬化時間は変動します。
特徴と用途
■真空下での作業に適する
■透明度が高く試料との密着性が良好
■紫外線に対して安定
■硬化時間が可変
■ギャップフリー 
64709003 Technovit EPOX 主剤  1,000g  \29,000.- 
66040438  Technovit EPOX 硬化剤レギュラー  500g  \21,000.- 

#03-1001 包埋樹脂テクノビット7100セット (500mlリキッド+1g硬化剤T×5個+40g硬化剤U) 3点組 ¥32,000.-
Technovit7100は、樹脂包埋された試料をミクロン単位でスライスする際に最適です。 元来、生体組織観察用に開発された樹脂ですが、これまでn実績により工業分野で実用可能なことも証明されております。
〇適用範囲:プラスチック、金属箔、紙、繊維、スポンジ、バイオ製品etc.を1μの厚みにスライス可能。
〇材料特性:HEMA(2−ヒドロキシエチルメタクリレート)をベースとした3成分から構成された樹脂です。 材料サンプルの光学顕微鏡検査委の際、ミクロトームを使用するのであれば、Technovit7100は、最適な樹脂です。 ポーラスのある製品や繊維、紙などは予備浸透を推奨しておりますが、プラスチックや金属箔は追加の浸透処理は必要ありません。

アクセサリー:埋込樹脂用モールド
スムーズな表面や高強度のために、サンプルは簡単にモールドから取り除くことができ、何度も繰り返し使うことが出来ます。この耐久性のある商品は、自動・手動切削や研磨機の効率的な処理のため外径25mm、30mm、40mm、50mmを取り扱っております。
   
#20-9999  埋込樹脂用モールド φ15mm  3個入  \6,000.-
#20-1021  埋込樹脂用モールド φ25mm 3個入  \6,000.-
#20-1022 埋込樹脂用モールド φ30mm 3個入  \6,000.-
#20-1023 埋込樹脂用モールド φ40mm 3個入 \7,000.-
#20-1024 埋込樹脂用モールド φ50mm  3個入 \9,000.-


#20-1025 テクノトロン(テクノマット)圧力容器  ¥220,000.-
Technomat
Technomatは、約2.0気圧まで加圧が可能なコンパクト圧力容器で。 短時間硬化樹脂用に特別に設計されています。 Technomatを使用することで、気泡が無く、高品質のテストサンプルを作製することが可能です。 特にTechnovit4004、4006等の透明なTechnovit商品に対して利用することで、気泡の少ない透明度を持つ樹脂包埋が出来ます。
Technomat 仕様
圧力  2.0 bar
安全弁 2.8-3.3 bar
供給エア圧 3-10 bar 
寸法 幅340×奥行340×高さ255mm 
重量  約4.0 Kg. 


#20-1026 Kulzer社 テクノビット4002IQ Whiteセット 1,300g粉末+1,000cc液 は商品の不具合が発生しましたので、発売中止となりました。



※参考取扱商品:粘度タイプの転写用樹脂 プロビールノボ
66003628 Pvovil nobo パテ レギュラー 主剤450ml+触媒450ml 1組 \28,000.-
低粘度のシリコーン樹脂で、幾何学的構造物の型取りに適します。
基材と硬化剤から構成され、混合比1:1で混合してください。 転写する際には、混合した樹脂を手で試料に押し込んでください。 4.5分後には、このシリコーン樹脂は充分に硬化していますので、剥離することが出来ます。
◇発熱せずに硬化することが出来るので、試料に影響を与えることが無い。
◇広範囲の用途・試験方法に適する。
現場での評価との適切な関連性を示すことが出来ます。 例えば測定が難しい装置部品や治具の摩耗部分等の場合に、コストのかかる装置が無く作業が出来ます。
   
この樹脂は、特別な訓練を必要とせず、型取りや治具作成をすることが出来ます。

■広範囲の場合は、鋳込んで下さい。
■裏面への型取り(他の方法は不向き)
■剥離の際に試料上に、残存物を残さない。
性能:
■簡単に出来るのでミスが無い。
■着色したパテと計量スプーンのため、混合間違いが無い。
■短時間で準備が出来る。
◇混合時間:45秒◇可使時間(混合開始から):2分
◇硬化時間(混合開始から):4分45秒
◇圧力をかけた時の変形:0.8〜5.0%
◇変形からの戻り率:99.70%
※参考取扱商品:表面転写 自己混合型2成分シリコーン
幾何学的構造物の型取りに適した低粘度のシリコン樹脂です。 ディシペンシングガン、ダブルカートリッジ、ミキシングカニューレから構成されており、ガンのレバーを引くだけで樹脂が均一に混合されます。 安全でミスのない適用が可能です。 ディスペンスガンのレバーを引くと、隣り合った2本の容器から樹脂が均一に押し出され、ミキシングカニューレを通って一様に混合されます。 小さな空洞や穴に適用する場合、微細作業用のカニューレを利用することができます。 アクセスし難いツールや機械部品の摩耗状態を、測定・保存することができます。 
■高精度な転写性能:(<0.1μm)−エッチング部などの表面転写に最適(Max 500:1)
■表面処理をした表面を3次元で正確に再現
■適度に変形するので、複雑は形状の試料を正確に再現
■自動混合システムにより作業ミスが無い
■有害物質を含まないので、輸送は作業を安全に行える
■硬化時の発熱が無いため、試料への熱の影響がない
◇可使時間(混合開始から):2分
◇硬化時間(混合開始から):4分30秒
◇圧力をかけた時の変形:2〜5%
◇変形からの戻り率:99.8%
   
   
66009333 プロビールノボ ライトCD2  2×50ml、混合カニューレ12本  \18,500.- 
66009334 プロビールノボライト用混合カニューレ  混合カニューレ 48本入 \16,000.-
66009335 プロビールノボライト用先端カニューレ 先端カニューレ 96本入  \15,000.-
66009337 プロビールノボライト用ガン 1式  \21,000.-

※参考取扱商品:光硬化樹脂 66020780 Technovit 2220
金属組織学:組織構造を観察・表面祖度測定
光硬化樹脂をヘラ・ブラシ等で部品に直接塗布します。 特殊なブルーライト下で20秒から60秒後で、硬化が終了します。 
構造観察用:
■折れ曲がらない。
■微細構造の詳細を描写できる(1000倍)
■周囲温度に影響しない一定の硬化時間と、安定した転写性能。 (0〜50℃)
■電子顕微鏡観察で、スパッターや蒸着コーティングの必要が無い。
   
     
 
1.研削、研磨、エッチング樹脂の塗布、フォイルで樹脂を薄く伸ばすと共に保護し、光硬化させる。
2.注意して硬化樹脂を剥がす。
3.スライドガラスに試料を固定するため、少量のTechnovit2220をスライドガラスに塗布する。 転写樹脂をスライドガラスに載せる。(転写部を上に)。 もう一枚のスライドガラスを被せて裏返しにする。 裏側をブルーライトで硬化する。
66020780 テクノビット 2220 青 1×15g ¥22,000.-
66043553 テクノビットブルーLED(ペンライト型) 1式 ¥57,000.-
このページの先頭へ

応研商事株式会社
  〒104-0061
  東京都中央区銀座6-12-17
  TEL:03(3571)2879
  FAX:03(3572)6075
E-mail: info@okenshoji.co.jp